Luceの徒然BLOG

TVを見た感想、おすすめな物、はまっている物などをメモしていきたいと思います。 日本人ではありますが(笑)日本語が下手なのは勘弁してください(´・ω・`;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィジーの無人島に高校が!?~ 2008年5月14日 調印式へ ~



フィジーで教育ビジネスを展開するサウスパシフィックフリーバード(フリーバード)が、2009年1月にフィジー共和国にある無人島「クアタ島」に、全寮制の高等学校を設立するそうです。
でもなぜフィジーの無人島に高校なんでしょうか(・ω・?)
それは、空気、湿度、水など環境にも恵まれているフィジー。そして、環境汚染のないフィジーの無人島に自然素材のみで学校を建設するので、アトピー性皮膚炎などで高校に通学できない子どもたちのための学校になるそうです。
厚生省が確認できているだけでアトピー性皮膚炎患者が国内に100万人以上おり、その中でも症状が重く、学校に通えない、または通いたくない子供たち約2万人以上がニート化しているんだそうです。
フィジー共和国のクアタ島には、アトピー性皮膚炎の自然治癒に良いとされる環境汚染のまったくない空気、水、肌の乾燥を防ぐ湿度、殺菌に適した太陽光、有機農法で栽培した食物、肌の乾燥を和らげる汚染のない塩水と条件が揃っていて、現地に在住する日本人皮膚科医師によると、1ヶ月間くらいの滞在で効果が目で確認できるそうです(^ω^)
この2009年からスタートする 「クアタ島」での高等学校事業を行なうための現地整備のボランティアスタッフを募集しています。
途上国の子供や病気で困っている人達に何か貢献したいと思っていた方、海外で何か活動したいけど、お金も時間もあまりない方、歴史に残る建造物を作りたい方、常夏南国の無人島で一生忘れない思い出を作りたい方など、ぜひボランティアに参加してみませんか?
ボランティアって自分から動ければ確かにいいと思うのですが、なかなか何かきっかけがないとできませんよね。今回のこのフィジー共和国にある無人島「クアタ島」に、全寮制の高等学校を作るというのはとても世界的に見てもすばらしいことだとおもいます。
0から学校やその周辺設備を機械など使わずに造るため、最強にハードなボランティア活動になると思いますが、その分、サバイバル力、スキル、やりがいなどは他のボランティアとは格段に得られるものが大きいはずです(・∀・)
何かを変えたいと思っている方、ぜひ参加してみませんか?

スポンサーサイト


  1. 2008/05/14(水) 10:09:15|
  2. [BLOG]おすすめ情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。